全国高等学校体育連盟(高体連)は30日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、今夏の全国高校総合体育大会を原則無観客とする方針を発表した。昨年はコロナ禍で夏の高校総体が史上初の開催中止となったが、今年は「北信越総体」として7月24日から1カ月間、福井、新潟、富山、石川、長野と和歌山の各県で実施を予定している。 
 高体連は28日付の文書で6県に開催方針を通知。今夏の大会を予定通り行うとした上で、「無観客での実施を原則とする」と記した。今後の感染拡大状況や競技の特性、会場の条件によっては観客を入れることにも対応するとしている。(C)時事通信社