大阪府健康医療部の幹部が、新型コロナウイルス患者の病床逼迫(ひっぱく)を受け、府内の保健所長あてに「高齢者の入院順位を下げざるを得ない」とするメールを送っていたことが30日、府への取材で分かった。府は「一律の入院基準を決めた事実はない」として、撤回して謝罪した。
 メールは「入院調整依頼に関するお願い」との件名で、19日に送信。「当面の方針として、年齢の高い方については入院順位を下げざるを得ない」とした上で、高齢者施設の入所者で延命治療を望まない人には「みとりも含めて対応を検討いただきたい」と求めていた。
 送信したのは同部の医療監(次長級)で、3月まで府内の保健所長を務めていた。口頭注意を受け、「事実でない内容を送信し、深く反省している」と話しているという。 (C)時事通信社