プロ野球日本ハムは30日、西川遥輝外野手、中島卓也内野手、清水優心捕手が札幌市内で新型コロナウイルスのPCR検査を受け、それぞれ陽性判定されたと発表した。濃厚接触の可能性がある浅間大基外野手を含めた計4選手は同日、「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録を抹消された。
 4人は29日のソフトバンク戦後に福岡から札幌へ移動。西川と中島は30日の札幌ドーム到着時の検温で微熱があり、清水は喉に痛みを感じ始めていた。浅間は29日に清水が運転する車に同乗し、新千歳空港から自宅へ移動した。
 球団によると陽性の3人以外に体調不良者はおらず、保健所に行動履歴などを報告し、濃厚接触者の特定を行っている。 
 30日の西武戦は予定通り実施。抹消された4選手に代わり、鶴岡慎也、宇佐見真吾両捕手、杉谷拳士、平沼翔太両内野手が1軍登録された。(C)時事通信社