東京都は30日、都内の繁華街にいる若者に、新型コロナウイルスの緊急事態宣言中に外出している理由などを聞き取るアンケート調査を行った。人出が減らない中、効果的な外出自粛の呼び掛けにつなげる狙いだが、若者からは「もう難しいのでは」といった声も出た。
 調査は都職員30人が正午から午後4時まで新宿、渋谷、原宿各駅周辺の3カ所で実施。10~30代に、外出の目的やどのような呼び掛けが効果的と思うかなどを尋ねた。
 渋谷駅近くで調査に協力した20代会社員の男性は「どんな呼び掛けももう難しいのでは」と語る一方、別の20代会社員の男性は「こうした調査はやらないよりは良い。改めて気を付けようと思う」。
 都によると、この1日で目標としていた400人分の回答を集めたという。担当者は「できるだけ早く集計し、若者に効果のある施策に生かしたい」と説明している。 (C)時事通信社