ANAホールディングスが30日発表した2021年3月期の連結純損益は過去最大となる4046億円の赤字(前期は276億円の黒字)だった。新型コロナウイルス流行の影響で国際線を中心に旅客需要が激減。巨額赤字を余儀なくされた。
 片野坂真哉社長は記者会見で、厳しい結果に終わった今回の決算について「旅客需要はかつて経験したことのない規模で低迷した」と振り返った。一段のコスト削減を進め、22年3月期は国内線を中心にした需要の回復で35億円の黒字を見込む。 (C)時事通信社