サッカーJ1名古屋は30日、マッシモ・フィッカデンティ監督(53)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。症状は軽く、自宅で静養しているという。同監督は29日の川崎戦(豊田ス)の試合前にのどの痛みを訴え、新型コロナの抗原検査を受検。判定保留となり、欠場していた。Jリーグの規約によると、今後の症状を見て再検査を受け、陰性が確認された場合、次戦5月4日の川崎戦(等々力)でベンチ入りできる可能性はある。
 全選手、スタッフら54人を対象に実施したPCR検査では、監督以外は陰性だった。クラブは保健所の指導の下、濃厚接触者の特定を進める。 (C)時事通信社