日本郵船のグループ会社「郵船クルーズ」(横浜市)は30日、運航中のクルーズ船「飛鳥II」の乗客1人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。同船はツアーを中止し、1日にも横浜港に帰港する予定。
 同社などによると、船は29日に横浜港を出発し、6泊7日で青森県と北海道を巡って横浜に戻る予定だった。乗客は全員、出港の約1週間前にPCR検査を受け陰性を確認していたが、乗船時に再度検査したところ、30日に1人の陽性が判明した。発熱やせきなどの症状はないという。
 他の港には寄港していない。乗客約300人、乗員約450人のうち、陽性となった乗客の同行者以外に濃厚接触者はいないという。 (C)時事通信社