全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは30日、新型コロナウイルスワクチンをめぐり河野太郎規制改革担当相とテレビ会議で意見交換した。飯泉氏は終了後、取材に対し、政府が休日や夜間の接種単価引き上げを表明したことについて「課題となっていたところがかなり解消される」と評価した。
 会談は冒頭のみ公開。河野氏は休日などの接種単価引き上げや、集団接種に協力した医療従事者への支援策を説明。都道府県が県単位で大規模な集団接種を希望した場合、市区町村の接種体制に影響を与えないことを前提に、国が支援していく意向も示した。
 飯泉氏は、ワクチンの打ち手の確保や、接種情報などを入力するシステムの簡素化などを要請。その上で「7月中に高齢者への優先接種を何とか終えられるよう頑張りたい」と述べた。 (C)時事通信社