アジア・サッカー連盟(AFC)は30日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区のプレーオフで、C大阪がメルボルン・シティー(オーストラリア)と対戦すると発表した。
 C大阪は予備予選のメルボルン・シティー―シャン・ユナイテッド(ミャンマー)の勝者と本戦出場権を争う予定だったが、国内で発生したクーデターの影響でシャン・ユナイテッドが棄権した。
 新型コロナウイルスの影響で延期されたACL東地区1次リーグは6月21日から7月11日に開催予定で、プレーオフを含めた詳細日程は未定。 (時事)(C)時事通信社