西武鉄道は30日、5月6、7両日に5本の減便を予定していた新宿線・拝島線のダイヤを通常通りに戻すと発表した。新型コロナウイルス感染急拡大に伴う東京都などの減便要請を受け入れ、30日朝の通勤時間帯に運休したものの、その後の列車の一部で混雑が生じたため。池袋線では予定通り一部区間の運休を続ける。 (C)時事通信社