【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は30日、米バイオ医薬品企業モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。WHOによる承認は、米ファイザーとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、英アストラゼネカの2種に続く5件目。
 WHOの承認により、ワクチン共同調達の国際枠組み「COVAX」を通じた供給が可能になる。自前での調達が困難な途上国が、主に恩恵を受ける見通し。 (C)時事通信社