菅義偉首相(自民党総裁)は3日、憲法改正を求める民間団体主催のオンライン集会にビデオメッセージを寄せた。新型コロナウイルス感染拡大などを踏まえ、「緊急時に国民の命と安全を守るため、国家や国民の役割を憲法に位置付けることは極めて重く、大切な課題だ」と述べ、緊急事態条項の必要性を強調した。
 改憲国民投票の手続きを定めた国民投票法改正案については「憲法改正に関する議論を進める最初の一歩として、成立を目指していかなければならない」と主張。与党は大型連休明けの6日に衆院憲法審査会で採決する構えを示している。 (C)時事通信社