複数選手らに新型コロナウイルス陽性者が出た日本ハムは4日、新たに荒木大輔投手コーチ、高橋信二打撃コーチとスタッフ1人が陽性の判定を受けたと発表した。同日実施したPCR検査で判明した。
 先に判明した陽性者との接触状況から渡辺諒内野手、石川亮捕手とスタッフ3人が濃厚接触者と認定され、両選手は「感染拡大防止特例2021」を適用され、出場選手登録を外れた。
 日本ハムは1日までに選手ら計10人が新型コロナ陽性と判定され、チーム活動を停止中。予定されていた2日の西武戦(札幌ドーム)、3~5日のロッテ戦(ゾゾマリン)は延期となった。 (C)時事通信社