【ワシントン時事】タイ米通商代表部(USTR)代表は5日、新型コロナウイルスワクチンの世界的な普及を進めるためには「時間が重要だ」と強調し、貿易相手国や製薬会社との協議を急ぐ考えを表明した。米国が保有するワクチンの特許を一時放棄するよう求める声が発展途上国で高まっていることを踏まえた発言だ。
 コロナワクチンをめぐっては、インドと南アフリカが昨年秋、世界貿易機関(WTO)に特許の一時放棄を求める提案を行っていた。一方、タイ代表は、バイデン政権がコロナ危機対策の基本精神に掲げる「救命、救助」の観点に沿う形で、幅広い選択肢を検討する姿勢を示した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)主催のオンラインイベントで語った。 (C)時事通信社