国内では6日、新たに4380人の新型コロナウイルス感染が確認された。重症者は1098人。最多だった前日から16人減ったが、依然として高水準で推移している。死者は大阪府で28人など計65人。
 東京都では591人の感染が確認された。新規感染者が600人を下回ったのは4月26日以来。大型連休で検査件数が減少したことにより、新規感染者数も減っているとみられる。大阪府では747人の感染が判明。新規感染者は4日連続で1000人を下回った。
 都によると、新規感染者の直近1週間平均は736.6人で、前週(782.1人)の94.2%となった。都基準の重症者は前日比3人増の72人。
 このほか、岡山県で過去最多と並ぶ114人の感染が判明。広島県では1月8日以来約4カ月ぶりに120人に達する121人が感染し、札幌市で、これまでで最も多い251人が陽性となるなどした。 (C)時事通信社