急性虚血性脳卒中(AIS)は呼吸器症状を伴う新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に見られる神経学的合併症だが、無症候性COVID-19患者の回復期においてもAIS発症リスクは高いことが示された。シンガポール・National Neuroscience InstituteのTian M. Tu氏らが、同国の無症候性COVID-19男性患者を前向きに解析した結果をJAMA Netw Open2021; 4: e217498)に発表した。

抗体陽性判定から中央値で54.5日後、最長130日後に発症

 解析対象は、昨年(2020年)5月21日~10月14日にシンガポールの公立病院でAISの治療を受けた男性患者18例(年齢中央値41歳、範囲35~50歳)。いずれも職場の寮に居住するインドおよびバングラデシュの労働者だった。全例が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)血清抗体検査の陽性判定に基づき、COVID-19と確定診断された。AISによる入院中の逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査は全例が陰性だった。

 電子医療記録から抽出した臨床経過、画像診断、臨床検査データを解析した結果、SARS-CoV-2陽性判定からAIS発症までの期間中央値は54.5日(範囲0~130日)だった。

対象の多くが危険因子やD-ダイマー上昇を認めず

 米国立衛生研究所脳卒中スケール(NIHSS)スコアの中央値は5(範囲1~25)だった。10例(56%)で脳主幹動脈閉塞が検出され、うち7例(39%)で脳前方循環主幹動脈閉塞が検出された。3例(17%)が心原性と考えられたが、13例(72%)は病因を特定できなかった。

 また、AISの古典的危険因子を保有しない患者が12例(67%)に上った。一方、D-ダイマー上昇が認められた患者は3例(17%)にすぎなかった。

年間発症率は全国データの2.16倍

 対象集団における10万人当たりのAIS発症率は82.6人・年と推定され、シンガポール保健省の全国データを基に年齢、性、人種/民族を一致させた一般集団における38.2人・年と比べて有意に高かった(発症率比2.16、95%CI 1.36~3.48、P<0.001)。

 以上を踏まえ、Tu氏らは「50歳以下の無症候性COVID-19男性患者は、回復期においてもAISを発症するリスクが高いことが示唆された。特に若年成人や古典的危険因子がない患者において、COVID-19の後遺症としてのAISに注意すべきである」と結論。「COVID-19回復期ではRT-PCR検査が陰性を示すことが予想されるため、SARS-CoV-2の血清抗体検査を行うべきである」と付言している。

昨年10月14日までに確認されたシンガポールの寄宿労働者集団におけるCOVID-19患者5万4,485例をリスク集団として、研究の対象集団におけるAISの年間発症率を算出

(太田敦子)