プロ野球の臨時実行委員会が6日、オンラインで開かれ、政府が4都府県に発令中の緊急事態宣言が延長された場合の対応について協議した。日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は「先々の試合日程についてどのように考えていくか、検討に着手した」と説明。詳細については「延長に伴ってどのような制限になるのか、政府の決定を見ないと分からない」と話し、8日の臨時実行委員会で改めて協議する考えを示した。 (C)時事通信社