大相撲の東前頭14枚目の竜電(30)=本名渡辺裕樹、山梨県出身、高田川部屋=が、日本相撲協会の定めた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドライン(指針)に抵触する行為があったため夏場所を休場する。芝田山広報部長(元横綱大乃国)が7日、明らかにした。「処分対象となる可能性があるため、師匠判断で休場させる。詳細は調査中」とした。 (C)時事通信社