菅義偉首相は7日夜の記者会見で、憲法の緊急事態条項創設について問われ、「新型コロナウイルス禍で緊急事態への国民の関心は高まっている」との認識を示した。「海外の国を見ると、強制的な執行を私権制限(に関する法律)がない中でできることもある」とも語った。
 また、コロナワクチンの国内治験に触れ、「接種が遅れてしまうとか、いろんな問題が浮き彫りになった。感染が落ち着いたら検証して対策を考える必要がある」と述べた。 (C)時事通信社