政府は7日、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に伴う大型商業施設に対する協力金について、面積に応じて支給する方式に見直すことを決めた。休業要請に応じた大型施設に対しては、1000平方メートルごとに1日20万円を支給する。緊急事態宣言が発令された4月25日にさかのぼって適用する。
 これまでは、休業要請の対象となる1000平方メートル超の大型施設には施設当たり1日20万円支給し、入居するテナント数に応じて1店舗当たり同2000円を上乗せ。テナントには同2万円を支払うとしていた。 (C)時事通信社