【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は7日、オンラインで24日から開催される世界保健機関(WHO)総会に「台湾が引き続き排除される理にかなった正当性はない」として、台湾のオブザーバー参加を要求した。台湾の参加を一貫して拒否する中国を強くけん制した。
 ブリンケン氏は声明で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「健康分野の安全に対する世界規模の挑戦には、国境も政治論争も関係ない」と主張。WHO総会への参加拒否が「(新型コロナの)パンデミック(世界的大流行)を収束させ、将来の健康分野の危機を予防するための国際的な協力にとって有害だ」と断じた。 (C)時事通信社