NTTなど通信大手各社は10日、新型コロナウイルスワクチンの接種予約を自治体が受け付ける電話番号への通話制限を実施した。通信網の容量を確保し、警察や消防といった緊急通報や他の通話に影響が出ないようにするため。つながらない場合は時間を置いてかけ直すよう呼び掛けた。11日以降も必要に応じて制限を行う。
 NTTによると、10日は全国で約200の自治体が電話予約を受け付ける。通話が混雑しなくなれば、制限を順次解除する。インターネット予約を受け付けている自治体については、ネットの利用も呼び掛けた。 (C)時事通信社
〔写真説明〕