立憲民主党の枝野幸男代表は10日、菅内閣の不信任決議案を今国会に提出することに現時点で慎重な考えを示した。国会内で記者団の質問に対し、新型コロナウイルス感染症の収束に見通しが付かない現状を踏まえ、「衆院を解散できる状況にない。(政府・与党幹部は)『提出したら解散』と明言しているので、提出はできない」と答えた。野党が不信任案を出した場合、菅義偉首相は衆院解散の「大義」になるとの認識を示している。 (C)時事通信社