全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)は10日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルス対策で国への提言をまとめた。緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」について、知事の要請により、感染状況に即応して迅速に発動可能とする運用を求めた。
 全国的に感染拡大が続き、重点措置の適用を国に求めたり、検討したりする県が相次いでいる。提言では、感染を早期に抑え込むため、知事の要請を受けて宣言や重点措置を速やかに適用し、実効性を向上させるよう国に促した。
 また、高齢者向けのワクチンに関しては、都道府県が実施する大規模接種に必要な医療人材を確保するため、関係省庁の縦割り打破を要望。所管省庁が異なる国立病院機構や大学病院、企業が設けた病院などに対し、協力を働き掛けるよう求めた。 (C)時事通信社