高橋洋一内閣官房参与が、日本における新型コロナウイルスの感染状況について「この程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」とツイッターに投稿した。東京五輪・パラリンピックの中止を求める意見に反論したもので、インドやフランスなどの感染状況と比較する画像も添付したが、インターネット上では「そのさざ波で亡くなった方へ失礼です」などの批判が相次いだ。
 これに関し、菅義偉首相は10日の参院予算委員会で「個人の主張について、私から答弁することは控えるべきだ」と論評を避けた。加藤勝信官房長官も記者会見で「政府としてコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。
 共産党の小池晃書記局長は会見で、高橋氏の投稿を「断じて許されない」と非難。首相に対しても「極めて無責任だ。この発言を撤回、謝罪させるのが首相として最低限の責務ではないか」と求めた。 (C)時事通信社