JR西日本は10日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言発令を受けて一部路線で実施している土日祝日の日中時間帯の減便について、宣言が延長される12日以降は通常運行に戻すと発表した。自治体から減便要請が継続されなかったため。
 減便は連休中の人出を減らすことを目的に、1日から大阪環状線や琵琶湖・JR京都・JR神戸線などで実施していた。一方、大阪環状線の平日の終電時間の繰り上げは継続する。 (C)時事通信社