自民党が10日開いた国防部会と安全保障調査会の合同会議で、新型コロナウイルスワクチンに関し、優先接種の対象とされている医官・看護官以外の自衛官に対しても優先的にワクチンを接種すべきだとの意見が相次いだ。出席者からは「有事になれば即応しなければならない」「何かがあったときにコロナまん延で動けないことがあってはならない」といった声が上がった。 (C)時事通信社