塩野義製薬は10日、新型コロナウイルスの治療薬について、今年9月末までに臨床試験を開始する方針を明らかにした。政府の特例措置を前提に、早ければ今年度中に治療薬の提供を開始したい考えだ。ワクチンは年内の提供開始を目指す。
 同日、電話会議形式で決算会見を開いた同社の手代木功社長は、新型コロナの治療薬やワクチンの開発を加速させると強調した上で、承認に向けた政府の特例措置について「厚生労働省も柔軟に対応を考え始めている」と指摘した。
 同社はまた、感染力が強いとされる変異ウイルスに対しても非臨床試験の準備を進めるなど、対応を急いでいる。 (C)時事通信社