【バンコク時事】ミャンマーのクーデターで国軍に拘束され、輸出入法違反など6件で訴追されたアウン・サン・スー・チー氏の弁護士は10日、スー・チー氏が首都ネピドーで24日に開かれる審理に出廷する予定であることを明らかにした。出廷すれば2月1日の拘束後、公の場に姿を現すのは初めてとなる。
 スー・チー氏は3月以降、審理に臨んでいるが、いずれもビデオ会議方式で行われている。弁護士によると、10日のビデオ審理で、裁判官が「最高裁からスー・チー氏に出廷させて審理を行うよう指示があった」と語った。 (C)時事通信社