岸信夫防衛相は11日の記者会見で、東京と大阪で自衛隊が運営する新型コロナウイルスのワクチン接種会場に関する業務の一部を、民間事業者に計約37億円で委託すると明らかにした。岸氏は、「民間の力を積極的に活用して、より早期にワクチンの接種が行えるように取り組んでいる」と述べた。
 看護師200人の派遣業務は7億6377万4000円で人材派遣などを行うキャリア(東京)が受注。受付や案内、接種記録管理などは、東京会場が19億4899万9999円で日本旅行(同)、大阪が9億6654万586円で東武トップツアーズ(同)がそれぞれ受注した。 (C)時事通信社