河野太郎規制改革担当相は11日、閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの一般向け接種について「居住地で打つ選択と通勤先で打つという二つの選択肢が現役世代にはある」と述べ、会社など職場での接種を検討する考えを示した。週内に経済界と協議する考えも明らかにした。 (C)時事通信社