愛知県西尾市は11日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、副市長の指示で大手薬局チェーン「スギホールディングス」(愛知県大府市)の杉浦広一会長(70)と妻(67)の予約を優先的に確保していたと発表した。中村健市長は会見で「市民におわび申し上げる。猛省し、今後、特定の個人や団体に便宜を図らないようにしていく」と謝罪した。副市長らの処分は今後行う。
 市によると、4月中旬に同社の秘書から接種を担当する健康課に「会長夫妻を4月19日から始まる高齢者入所施設の枠で受けさせてほしい」との要請があったが、担当者は断った。
 その後も繰り返し要請され、健康福祉部長が近藤芳英副市長に相談。副市長は同社が市への寄付などで多大な貢献をしている見返りとして予約を優先的に受け付けるよう指示し、5月10日に開始した高齢者向け集団接種の接種券を確保した。しかし同日昼に地元紙の取材を受けたため、副市長が会長に電話をかけ、接種を中止したという。
 同社は秘書が優先的な扱いを依頼したことを認めた上で、「市の方々をはじめ、全国の皆さまにとって不快な行為であったことを深くおわび申し上げます」と陳謝するコメントを発表した。 (C)時事通信社