JR東日本は11日、4月の鉄道営業収入が新型コロナウイルス流行の影響を受ける前の2019年4月と比べ、44.2%減だったと発表した。前年同月比では2倍だったものの、3度目の緊急事態宣言発令などにより利用が低迷した。 (C)時事通信社
〔写真説明〕