阪急阪神百貨店などを傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが11日発表した2021年3月期の連結純損益は、247億円の赤字(前期は131億円の赤字)となった。07年の発足以来最大の赤字額。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言で昨春行った百貨店の休業が響いた。
 売上高は前期比17.6%減の7391億円。本業のもうけを示す営業損益も44億円の赤字(同111億円の黒字)と、発足以来初の損失を計上した。巣ごもり需要を捉え傘下の食品スーパーが好調だったほか、百貨店も宝飾品などの販売が伸び下半期は営業黒字に転換したが、春先の落ち込みを補えなかった。 (C)時事通信社