東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、佐賀県で9日に行われた五輪聖火リレーで車両の運転に従事後、新型コロナウイルス感染が判明したスタッフが複数回にわたり所属先関係者計8人と会食をしていたと発表した。組織委は会話しながらの食事をしないことなどを定めた新型コロナ対策の指針が守られなかったとして、関係者らに厳重注意した。
 組織委によると、このスタッフは10日に検査を受けて陽性と判定された。性別や年代、所属先などは本人の同意が得られず非公表。会食同席者を含め計17人がPCR検査を受け、全員の陰性が確認された。 
 組織委による聖火リレーの感染予防策では、スタッフは可能な限り同席しての食事を控え、会食する場合も対面での着席や会話を一切しないことが定められている。(C)時事通信社