【ワシントン時事】バイデン米大統領は11日、新型コロナウイルスのワクチン接種加速に向け、配車サービス大手のウーバー、リフト両社と協力し、接種場所まで無料で移動できるようにすると表明した。2週間以内にサービスを開始し、7月4日の独立記念日まで実施する。
 ホワイトハウスは声明で、両社が「歴史に残る貢献の一環として、それぞれのアプリにある何万カ所もの接種場所との往来を支援する」と説明。無料送迎によって「7月4日までに全成人の70%が少なくとも1回の接種を受けるという大統領の目標実現に向け、潜在的な障害を取り除く」と強調した。 (C)時事通信社