【サンパウロ時事】ブラジル保健省は11日、英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの妊婦に対する接種を一時的に中止することを決めた。「重大な有害事象」の可能性が確認されたという。
 当局によると今月5日、リオデジャネイロ州でアストラゼネカ製ワクチンを受けた妊娠23週の妊婦(35)が脳卒中で入院。胎児は6日に、母親は10日に相次いで死亡した。当局がワクチンとの関連を調べている。 (C)時事通信社