岡山県は12日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請したと発表した。対象区域は岡山市と倉敷市で、期間は5月末まで。
 県内では11日時点で病床使用率が71.1%、10万人当たりの新規陽性者数が49.95人に上り、伊原木隆太知事は12日のコロナ対策本部会議で「爆発的感染拡大が進んでいると言わざるを得ない」と述べた。 (C)時事通信社