全国の自治体が使用している新型コロナウイルスワクチン接種の予約システムで12日午前、障害が相次いだ。各地で予約ができなかったり、接種会場を訪れた高齢者の予約を確認できなかったりする状態となったが、同日昼ごろに復旧した。厚生労働省のワクチン管理システムも一時使えなくなった。米国企業「セールスフォース・ドットコム」のシステムトラブルが原因。
 同社日本法人によると、インターネット上でデータ保存や利用ができるクラウドサービスの改修時に不具合が発生。世界的な障害となり、同サービスを使う国内の自治体の予約システムにも影響が出た。同社は「ご迷惑を掛け深くおわびする」とコメントした。 (C)時事通信社