茨城県の大井川和彦知事は12日の記者会見で、今夏の東京五輪に関し、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、「再度の延期や中止も選択肢の一つとして検討すべきだ」と述べた。その上で、「そういうことが起きないよう最大限の努力をすべきだ」とも語った。
 県内では鹿嶋市のカシマスタジアムがサッカーの競技会場となる。大井川氏は「医療崩壊のような状況に陥った場合、五輪だけを開催するのは、国内だけではなく世界の理解を得られないのではないか」と指摘した。 (C)時事通信社