日本医師会の中川俊男会長は12日の定例記者会見で、東京都など6都府県に発令されている新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について「今後、短期間で全国的に感染が急増すれば、全都道府県を対象にした宣言もちゅうちょなく早めに出すべきだ」と指摘した。
 中川氏は、都の感染状況に関して「(宣言によって)一定の効果が出ている」と評価。一方、まん延防止等重点措置が出ている北海道については「大阪府や福岡県と同じレベルに近いと認識している。宣言の対象になるべきだと思う」と話した。 (C)時事通信社