新型コロナウイルス感染の効果的な予防方法を探る超党派議員連盟は12日、衆院議員会館で設立総会を開いた。会長に就任した片山さつき元地方創生担当相は「感染対策に有効性があるものをできるだけ活用、改善するプロセスなくして、この難局と戦うことはできない」と強調。今後、有識者からの意見聴取などを踏まえ、政府に対する提言をまとめる方針だ。 (C)時事通信社