神戸市は12日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン960回分が、市内の集団接種会場で常温のまま最長3時間放置されていたと発表した。配送業者が冷温状態のまま会場側に渡すとする指示に違反したという。市は近く廃棄処分する。
 市によると、業者のうち1社が11日午前、3カ所の会場で、保冷ボックスから出して会場の委託スタッフに渡していた。ファイザー製ワクチンは常温にしてから2時間以内に希釈を終える必要があり、市は保冷ボックスに入れた状態で渡すよう指示していたが、配達員に徹底されていなかった。 (C)時事通信社