東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は12日、大会時に新型コロナウイルスに感染した選手専用の病床確保の要請を茨城県知事が拒否したと明らかにしたことを受け、「各自治体のトップの方は各都道府県の皆さんの健康を守ることが最大の使命。そのために、第一にそう考えられるのは当然」として理解を示した。国際オリンピック委員会(IOC)理事会に準備報告をした後、記者会見で述べた。
 組織委は大会時の医療体制について、具体的な数字やシミュレーションを示さなかった。橋本会長は「万全のコロナ対策を講じることで感染を防ぎ、できる限り地域医療に支障を来さないような体制を早く構築しなければならない」と話した。
 橋本会長は、米ファイザー社が各国選手団に提供するワクチンに関して、国民の接種が進まない日本で選手団が優先接種することにも言及。「ホスト国のアスリートも接種させていただくことが、より安心で安全な大会のカギになると思う。選手が遠慮することなく、ワクチンを受けることにちゅうちょしない環境をつくらなくては」と語った。 (C)時事通信社