河野太郎規制改革担当相は13日、経団連の冨田哲郎副会長と、新型コロナウイルスのワクチン接種について意見交換した。経団連によると、河野氏は、企業内の診療所や産業医を活用した職場での接種や、地域の高齢者への接種などについて経済界の協力を要請。接種時や接種後の従業員の休暇取得などについても配慮を求めた。
 会談後、冨田氏は記者団に対し、「企業としても最大限協力していきたい」と強調。河野氏からは企業内接種のワクチンは米モデルナ製になるとの見通しが示されたという。 (C)時事通信社