ぴあは13日、自治体向けに新型コロナウイルスワクチンの接種予約を受け付けるサービスの提供を始めると発表した。14日に問い合わせ窓口を開設、5月中にも複数の自治体で予約の受け付けが始まる見通し。スポーツや音楽イベントのチケットを販売する「チケットぴあ」の仕組みを活用し、個別予約がスムーズに行えるようにする。
 ワクチンの接種予約をめぐっては、申し込みが殺到し、多くの自治体が対応に苦慮している。ぴあは接種日時・会場の予約や抽選を行うシステムを一括で提供する。
 予約はオンラインでのみ受け付ける。システムは同時に数十万件規模のアクセスにも耐えられ、同一人物が重複して申し込むのを避けられるという。自治体の利用料は申し込み1件当たり1000円程度を想定している。 (C)時事通信社