政府は13日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用対象に群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県を追加する方針を固めた。期間は16日から6月13日まで。14日に基本的対処方針分科会を開いて専門家の意見を聴取し、政府対策本部で正式決定する。一方、感染者が急増する北海道への緊急事態宣言発令は当面見送る。
 菅義偉首相は13日、西村康稔経済再生担当相らと首相官邸で協議。その後、記者団に重点措置の追加について「複数の県から要請が出ている。(14日に)専門家の意見を聴いた上で判断したい」と表明した。
 北海道への宣言発令については「重点措置が適用されたばかりだ。措置が有効か判断した上で対応することが大事だ」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社