共産党の志位和夫委員長は13日の記者会見で、内閣不信任決議案について「国民の命に一刻も猶予ならない事態に至った場合、提起する選択肢も持っておくべきだ」と述べ、政府の新型コロナウイルス対応次第で今国会中の提出に含みを残した。
 志位氏はこれまで、国内の感染状況を踏まえ、提出に慎重姿勢を示していた。同日の会見でも「一般論では今もそう考えている」としつつ、「今後の展開によっては、野党として一つの選択肢として検討し得る」と強調した。 (C)時事通信社