住友不動産=2022年3月期連結業績は増収増益を予想。純利益は9期連続で過去最高を更新する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時営業が止まった完成工事や不動産流通の事業が回復する。 
 ホテル、ホールなどの利用は前期と同程度の厳しい見通しを置くが、オフィスビルの通期稼働などで不動産賃貸全体では増収。不動産販売は、前期が想定より好調だったことから22年3月期は販売戸数を抑えて減収を見込む。
 21年3月期はコロナの影響で減収、営業減益。純利益は、海外合弁会社の持ち分譲渡による特別利益で増益を確保した。(C)時事通信社