日本マクドナルドホールディングスが13日発表した2021年1~3月期の連結決算は、売上高が前年同期比5.0%増の758億円、純利益は23.3%増の58億円だった。新型コロナウイルス対策に伴う2度目の緊急事態宣言の影響で店内飲食は減少したものの、ドライブスルーを含む持ち帰りや宅配が好調で、増収増益となった。
 宅配サービス対応店舗は全国で1629店(3月末時点、業務委託含む)と、前年同時期の781店から倍以上に拡大。スマートフォンで注文と決済ができる「モバイルオーダー」はほぼ全店で導入が進み、コロナ禍でも売り上げを伸ばした。 (C)時事通信社